恋愛

長年付き合った彼氏と別れた後に、他の男性と結婚しました!

さて、今までで一番ご質問を頂いたであろう課題に取り組もうと思います。

それは、長年付き合った彼氏と別れた後、どのようにして他の人と結婚するに至ったかという記事を書く事。

一番リクエストを頂いていた分、ちゃんと書かなければ!というプレッシャーを勝手に感じて腰が重くなっておりました。(自意識過剰ですね)

しかし!これこそ失恋したばかりの皆様にとっては一番励みになる記事かと思います。皆様の薬となれば幸いです。

長年付き合った彼氏と別れた後、今の結婚相手に出会うまで

さて、失恋した後、私は新生活を始めていました。

まず、大きな出来事は転職です。この新しい環境があったことはとても良かったです。慣れるまで一生懸命で、楽しくも感じていました。そして「彼氏のいない私」、「フリーな私」もかなり新鮮で楽しんでいました。(何せ10年も彼氏がいたわけですから)

友達から合コンに誘われれば気軽に行けるし、新しい職場の人たちと一緒に飲みに行ったり。元彼は嫉妬深い人でしたから、男性を含めた飲み会は例え仕事でも嫌な顔をされていました。なので、こうしてなんのためらいもなく出られることが、とても嬉しかったのです。

というわけで、こうして私は新しい生活を楽しんでいました。

恋愛したい気持ちと、結婚したい気持ち

フリーになって半年以上がたった頃、そろそろ新しい恋がしたいなぁと感じ始めました。元彼と会ってキッパリスッパリ気持ちにけじめがついたことも背中を押していたのかもしれません。

しかし、新しい恋はしたいと思うものの、不思議なのですが「どうやって恋愛するんだっけ?」こんな感覚に陥っていました。

「あれ?私このまま、好きな人できるのかな?」

こんな風に思ったことを覚えています。

もちろん私はいつかは結婚がしたい。でも「結婚する」には「まず恋愛」が必要なはず。そしてその前に「好きな人」を作らなければ!こんな風に頭の中で思い立ち、「好きな人探し」が始まったのでした。

この恋は本物なのか錯覚か

ここから、しばらく私の迷走が始まります。

とにかく、少しでもいいかも、と思った人がいたら、二人で食事に行ったりしました。合コンや友達の紹介など、30歳の私は本当に肉食女子だったと思います。

でも、どうしても本気で恋に落ちないんですね。もしくは「好きかも!!!」と思って一人で突っ走ってうまくいかなくなる。いいなと思っても一瞬だったり。この時期は恋愛したくても、うまくいかない連鎖にハマっていました。

出会いはあるものの、恋愛・結婚に発展しない。

この時期に、いいなと思ったり好きだなと思えた恋はすべて「錯覚」だったと思います。

なぜ、こんな風になったのか今ならわかります。それはやっぱり、「結婚したい」があるから。ズバリ焦っていたのだと思います。

結婚できない…焦ったまま31歳へ

ヤバい!このままだと結婚できないかも!と思い始め、相変わらず迷走したまま月日を重ねていきました。

土曜日、日曜日が辛く感じる時もありました。スーパーに買い物に行って家族連れを見ては、この人たちはどうやって結婚したんだ・・・・とダークな気持ちを抱えたり、実家に帰って、結婚はまだかと言われるのが嫌で帰らなかったり。

普通の結婚って、なんて難しいんだろう。

私はこのまま誰にも選ばれないのでは・・・・と、落ち込んだ日もありました。

幸せになると決めたのに…

しかし、31歳の誕生日を迎えたとき、私はいい加減、結婚したいのにできないループを吹っ切ることにしました。

もういい、結婚できなかったらできなかったで、もういいわ!!と。

Sex and the Cityのキャリーたちみたいに、結婚じゃなくて、恋愛をめいいっぱい楽しんでやるーーー!なんて思っていました。(この頃、独身女性の強い味方Sex and the Cityにハマりまくっていました)

こんな人と結婚する!理想の相手リストの作成

こうなったら、結婚相手として理想の人が現れるまでは結婚しないぞと思い、頭の中の理想の相手を紙に書き出してみました。当初のリストはこんな感じだったと思います。

  • 身長は高め(175センチ以上)
  • 顔は普通 嫌いな顔じゃなければOK
  • 心身ともに健康である
  • 真面目に仕事をする
  • 優しい
  • 思いやりがある
  • 年収はサラリーマンの平均はあること
  • 浮気をしない
  • 穏やか

そして、さらに優先順位をつけました。するとリストはこうなりました。

↓理想の結婚リスト

  1. 心身ともに健康である
  2. 真面目に仕事をする
  3. 優しい
  4. 思いやりがある
  5. 穏やか
  6. 身長は高め(175センチ以上)
  7. 顔は普通 嫌いな顔じゃなければOK
  8. 浮気をしない
  9. 年収はサラリーマンの平均はあること

こうして、リスト化してみて気づいたことがありました。今までの私の恋愛観とは大きく違っていたのです!

「彼氏」がほしいとすれば、順位はこうなります。

恋愛リスト→1.身長が高め 2.顔がまぁまぁかっこいい 3.面白い 4.男らしい・・・・と、結婚と恋愛では求める優先順位が全く違ったものになることに気が付いたのです。

今までの私の恋愛は、ぐいぐい引っ張ってくれる感じの男性が好きでした。亭主関白系の男性が男らしく感じ、惹かれていたのですね。

しかし、「結婚」となると、私自身はこういう男性は求めていない、ということに気が付いたのです。これではどんなに頑張ってもうまくいくはずがありません。

結婚リストの人を求めているのに、「恋愛」をしようとして、恋愛リストの人と結婚をしようとしていたのです。そして、なんだか違うなと感じうまくいかない。この繰り返し。

自分でも気づいていませんでしたが、全くとんちんかんな方向に向かっていたのです。本当に不思議なのですが、このことをリストを作成するまで、なぜうまくいかないのか、わかっていなかったのです。

いいなと思う男性のタイプが変わった

この発見から、今まで「いいな」と思う圏内にいなかった男性に目がいくようになりました。結婚観に合致する男性こそ、好きになれると。まさにタイプが変わったのです。

しかしこの頃は、結婚にこだわることをやめようと思っていたので、このリストの人が現れたらいいなぁ、位に思っていました。

これは運命と呼べるのか。とうとう今の主人に出会う

そして、合コンにもすっかり飽き、仕事から家に帰ったらワインを飲みながらSex and the Cityを観るという同じような日々を送っていた金曜日の夜、女性の先輩からお誘いが来ました。

「突然なんだけど今晩、〇〇さんのバースデーパーティをする予定にしていたんだけど、一人これなくなったから来ない?」

いつもなら、欠員の補充はめんどくさいし断るところですが、仲の良い先輩からの誘いだったので行くことにしました。

そして、まったく出会いも何も期待せずに行ったその場所に、華やかさはないけれど、見るからに真面目そうで優しそうな眼鏡をかけた男性がいました。

その時の飲み会はだいぶ盛り上がり、帰る頃にはみんなかなり酔っぱらっていました。駅に向かう途中、なぜか自然にその男性と手をつないで歩いていました。

それが今の主人です。

帰り際に連絡先を交換し、交際へと発展していったのでした。

そこからはまさに「トントン拍子」というやつで、お付き合いから1年ほどで結婚に至ります。

結婚の決め手はなんだったのか

今でも、「結婚リストの人は、この人だったんだなぁ」と思うことがあります。

まさに私が書いた理想の結婚リストどおりの人だったのです。もちろん、こうした条件も大切ですが、何より主人は私を大切にしてくれました。

主人はあまり言葉が上手な方ではないので、甘い言葉や上手なお世辞はありません。ですがだからこそ、素直な言葉、行動で信じることができました。

そしてそんな主人の事を私は「この人を幸せにしたい!」と思ったのが結婚の決め手でした。

結婚をしてずいぶん経ちますが、本当にずっと幸せです。

もちろん気分の浮き沈みや波はありますが、相手を「幸せにしたい」「この人と幸せになりたい」そう思った原点は忘れていません。

もしも、結婚への迷いがあったり決めかねている状況があったとしたら。

「幸せにしてほしい」の一方通行ではなく「相手のことを幸せにしたいか」と自分に聞いてみてください。私の場合ではありますが、そこに答えがありました。